MENU

原因と予防を知って撃退!【脂肪肝】

 

では、脂肪肝の原因とはなんなのでしょう。
そして、脂肪肝を予防するにはどうしたらよいのでしょう。

 

【脂肪肝の原因】
食べ過ぎや、飲みすぎはもちろん、
運動の不足や、無理なダイエットや、肥満でも脂肪肝の原因となるのです。
脂肪肝は、中性脂肪が肝臓にたまってしまうことで脂肪肝になります。
脂質や糖質を取りすぎている。
さらに、運動不足になると、脂肪酸やブドウ糖が使い切れなくなり、
中性脂肪となって肝臓に溜まっていくのです。
また、アルコールの飲みすぎも中性脂肪が肝臓にたまってしまうんです。
なぜかというと、
アルコールは中性脂肪が合成されやすいんです。
そして、無理なダイエットでも脂肪肝になってしまうことがあります。
これは、食事制限が極端すぎて、低栄養性脂肪肝という
脂肪肝になってしまうことがあるからです。

 

【脂肪肝を予防する方法】
脂肪肝を、改善、予防する方法があります。
・低脂肪、低カロリー
まず、食べすぎが原因で肥満の方は、食事を見直しましょう。
そして、肥満を解決するには、ダイエットをしなければいけません。
なので、低カロリー、低脂肪はダイエットにとって必要です。
そして、バランスのよい食事を心がけましょう。
脂肪肝の原因の肥満を解決しましょう。

 

・アルコール
アルコールの飲みすぎは、脂肪肝を悪化させてしまいます。
なので、一日1本などアルコールを制限しましょう。

 

・運動
適度な運動で、肥満を解消しましょう。
過度な運動でなくても、散歩がてらに毎日運動することで、
肝臓に溜まってしまった、中性脂肪は減少します。
また運動することで、肝臓の炎症を防いでくれる成分が増えるそうです。
このように、日常の生活習慣を少しでも見直すことが、
脂肪肝の予防、改善につながっていくのです。
そして、沈黙の臓器と言われる肝臓は、知らず知らずのうちに
病気になってしまっている場合が多いのです。
なので、自分は大丈夫と思わずに、
定期的に健康診断を受け、肝臓に異常がないかをたしかめることが、
もっとも早い段階で肝臓の異常を見つけるポイントとなるのです。

関連ページ

脂肪肝の言葉の意味と身体症状
肝機能をメインに、肝臓の働きに基づいた疾病の情報を細かく説明しています。