MENU

肝炎の種類別症状情報

ウイルス性肝炎が、日本人の肝臓の病気の中で一番多い病気なのです。
これは、肝臓がウイルスに感染することによって、炎症をおこし
その炎症が長引くことによって、細胞が破壊され肝臓の機能が悪くなってしまうのです。
実は、肝臓病の約8割もが「ウイルス性肝炎」なんです。
これが、A型、B型、C型、E型に分けられます。

 

そして、今回はこのウイルス性肝炎の種類別に
症状などについてくわしくまとめさせていただきました。

 

【ウイルス性肝炎の種類】

 

○A型肝炎
衛生環境が良くない場所などでよく感染してしまうことが多いです。
実は、子供のときに感染すると、ほとんどが不顕性感染で終わり症状は軽いんです。
ですが、大人になって感染してしまうと、
発症率が高くなり、症状も重くなってしまうのです。
・症状
発熱、全身倦怠感、悪心、下痢、嘔吐、食欲不振
これらの症状が特徴です。
風邪の症状ににています。
尿が黄色っぽい色になったり、便が白っぽい色になることで
症状が落ち着いてきているということになります。
持続性はなく、ウイルス感染は一時的なものなので、
慢性肝炎になることはありません。

 

○B型肝炎
持続性のB型肝炎の場合は、母子感染の場合がほとんどです。
ほとんどの場合が、慢性化することはありません。
・症状
食欲不振、全身倦怠感、悪心
これらの症状が見られるのが特徴です。
また、黄疸の症状があり、尿の膿染の症状もでてきます。
便が白ぽい色になることで症状が落ち着いてきていることになります。
成人してB型肝炎にかかっても、
ほとんどの方は急性肝炎で終わることが多いので、
慢性化はなかなかしません。

 

○C型肝炎
慢性化してしまうことが多いのがC型肝炎で、問題視されています。
・症状
食欲不振、全身倦怠感、悪心
これらの症状がみられるのが特徴です。
また、黄疸の症状もみられます。

 

○E型肝炎
日本にはあまり見られないのがE型肝炎です。
ですが、日本でも感染者、死亡者がいます。
・症状
発熱、全身倦怠感、悪心、下痢、嘔吐、食欲不振
これらの症状が見られるのが特徴です。
尿が黄色っぽい色、便が白っぽい色になることで
症状が落ち着いてきていることになります。
持続性はなく、慢性肝炎になることはありません。
ですが、劇症肝炎になってしまうと死亡してしまうケースがあるんです。

関連ページ

【原因・予防法】
肝機能をメインに、肝臓の働きに基づいた疾病の情報を細かく説明しています。