MENU

肝機能の概要「今から始める予備知識習得」

 

今回は、肝臓の機能の働きについてくわしくまとめてみました。

 

【肝臓の機能の仕組み】
肝臓は、実は大きくて、重さが約1,200グラムもあるんです。
そして、たくさんの体の役割をこなすために、肝臓には酸素が大量に必要です。
そのために、たくさんの血液が酸素を送る為に流れています。

 

また、肝臓に流れる血管には、
肝動脈と、肝静脈があります。
肝細胞に必要な酸素を送る役割をする血管が、肝動脈。
肝臓で代謝や、処理したものを心臓に運び込む為の血管が、肝静脈。
など、肝臓には、多くの血流が流れ込みます。
もし、何らかの原因で肝臓に十分な血液がながれこまくなってしまうと、
必要な酸素、栄養などがいかなくなってしまいますよね。
そして、肝臓の機能が弱ってしまうのです。
また、肝臓には体全体の1割り以上もの、血液が溜められているんです。
これによって、肝臓が暗褐色をしているんですよ。

 

【肝臓の機能の働き】

 

○代謝の働き
肝臓は、たくさんの物質の代謝をする中心の臓器なんですよ。
たんぱく質で代謝の例をあげてみますと、
たんぱく質は、まず小腸でアミノ酸に変えられます、
そして、血液中に吸収され肝臓にたどり着きます。
このときに、体を構成するたんぱく質に変えられていきます。
また、アルブミンという血清タンパクがあります。
このアルブミンは、肝臓でたくさんエネルギーに変えられていますが、
時にあまってしまうのです、
このような時に、ブドウ糖、アンモニア、に変えられたりするんですね。
これらのことから、肝臓は糖の代謝や、ミネラルの代謝、
ビタミンの代謝、脂質の代謝、胆汁酸と多くの代謝も行っていることが分かるんです。

 

また、肝臓は
肝硬変での代謝の異常がでてきたりします。
肝硬変などで肝細胞がダメージを受けてしまうと、
合成されるたんぱく質が少なくなってしまいます。
すると、血液中のたんぱく質が少なくなってしまいますよね。
これによって、低アルブミン血症を起こしてしまうのです。
これは、血液が水っぽくなってしまう症状です。

 

そして、重症の肝臓病になってしまうと、
浮腫、腹水症状が見られますよね。
これは、たんぱく質の代謝の問題が起きているからなんです。

 

○解毒の働き
肝臓は、有害な物質を水に溶けやすくする役割をしたり、
尿や胆汁中に有害な物質を出す役割をします。
これが、解毒といわれています

 

たんぱく質も解毒されるんです。
そして、腸内では、たんぱく質が悪玉菌によって、アンモニアなどの
有害物質に変えられ、たくさん発生してしまっています。
これも、肝臓で解毒されています。
また、血液中を流れるウイルスや、色素、毒素,腫瘍細胞、壊された赤血球
などを細胞内に取り入れるんです。
そして、解毒する役割もしています。

 

○肝硬変
肝臓で解毒されなければ、大変なことになってしまうアンモニア。
アンモニアが、解毒されないと、血液がそのまま脳にアンモニアを運んでしまい、
意識障害をおこしてしまうのです。
肝硬変などで、肝臓の機能が弱まってしまうと
肝性脳症がおこってしまうんです。
肝臓の解毒の機能は体にとって、とっても重要なものとなっているのです。

 

 

肝臓や周辺疾病、総ビリルビンなどの血液検査にも詳しい総ビリルビンサイトを発見しましたので、肝臓を深く知りたいという方は是非リンクからチェックしてみてください!
→総ビリルビンを下げる方法に特化したお勧めサイトはこちら

更新履歴